ごあいさつ

12.JPG

お知らせ(佐賀の皆様へ)

「肥前さが幕末維新博覧会」素晴らしかったですね。

昨年8月5日に行われた「佐賀城下・栄の国まつり」において、明治維新150年を記念して制作した「佐賀七賢人音頭」を「佐賀七賢人本舗と華の会」のメンバー50名が踊りながらパレードしました。(8月6日佐賀新聞、26日読売新聞に記事が掲載)

このCD(民謡調・ポップスなど)を制作中でしたが、昨年12月上旬に完成し、佐賀市のツタヤ兵庫店久米楽器で20日から発売しております。税込1,000円です(12月19日佐賀新聞記事掲載)。これからこの歌を県民に広めていきたいと考えています。きっと、県民のこころを活性化させ、連帯感を育ててくれると思います。また、子どもたちには佐賀の七賢人を知るきっかけになると思いますので、ぜひ、覚えて欲しいです。

下記動画をみて踊りも覚えてください(練習中なので少しゆっくりですが・・・)

 

 

社長ごあいさつ

 佐賀七賢人本舗鰍フホームページをご覧いただきありがとうございます。私は社長の古賀和彦と申します。昨年(2018年)から明治維新150年を記念して「薩長土肥」(鹿児島、山口、高知、佐賀)の4県で諸々のイベントが行われましたが佐賀では3月17日から今年の1月14日まで「肥前さが幕末維新博覧会」が開催され、3会場(幕末維新記念館、葉隠みらい館、リアル弘道館)を中心に3,000円のフリーパスで楽しむことができました。あっという間の10か月でしたが県内外から沢山の観光客がおいでになり大変素晴らしい博覧会だったと思います。私も会場ショップへの商品搬入や時間ができれば体の不自由な方やお年寄りを中心に道案内や内容の説明をさせていただきました。今回の博覧会はたまたま明治維新から150年ということでこのようなイベントが行われたと思いますが、私は以前から佐賀も鹿児島、萩、高知のように人材資源をテーマとした観光地にできないものかと考えるようになり、日本の歴史に大きく関わった佐賀人、つまりは明治新政府において近代国家建設の礎を築いた「佐賀の七賢人」と呼ばれている方々に光を当て全国の皆様と佐賀市県民の皆様にご紹介することで佐賀を活性化し、全国の皆様に佐賀に遊びにきていただきたいとの思いから2012年にこのようなホームページを開設しました。この想いに沿うように2017年の3月4日にはその中心人物である佐賀藩10代藩主鍋島直正公の銅像(台座含め8.5メートル)が佐賀城二の丸跡(鯱の門の北側)に再建され、そして昨年は11月11日に島義勇公の銅像が佐賀城本丸歴史館の西側に建立されました。(右上の写真は福岡の博多大丸デパート催事場にて佐賀のPR菓子第一弾「佐賀七賢人夢いっパイ」を紹介販売しているところです)

[当社活動]最近では2016年の12月2日付け北海道新聞、17年1月1日付け読売新聞、そして昨年は8月6日と8月26日付け佐賀新聞、読売新聞にそれぞれ活動内容が掲載され、また、NBCラジオで7月から9月まで鍋島直正公と江藤新平公の活躍やPR菓子第二弾「佐賀七賢人せんべい」紹介も行いました。

 

→ 「代表者ごあいさつ」について詳しくはこちら

 senbeio.jpg

全国の皆さまへ

 佐賀といえば位置的には九州の福岡と長崎の間に挟まれたところにあり、ちょっと前に、はなわがSAGA佐賀♪♪と歌ったところです。何もないと言っていましたが実はいろいろあるんです。佐賀の海苔(のり)、佐賀牛、佐賀の酒「米」は有名だと思います。佐賀の有田焼は言うまでもありませんね。魏志倭人伝に記述されている弥生時代の環濠集落の形態がそのまま発見された吉野ヶ里遺跡も有名です。誰でも1度は食べたことのあるグリコや森永のお菓子、その創始者も佐賀の人です。2012年に東京駅が完全修復されましたね。その東京駅を設計した人も佐賀の人です。まだまだ他にも沢山おられますが、私は何と言っても佐賀の七賢人と呼ばれている近代日本の礎を築いた人たちのことをご紹介したいと思っています。そして、佐賀を七賢人の町、歴史の町として観光化し、全国の皆様に遊びに来ていただきたいと思っています。この時期の背景や個人に対する学者の解釈はいろいろとあるようですが、私は学者ではありませんので一つの見方としてご理解いただけたらと思います。ぜひ、遊びに来てください。なお、佐賀のPR菓子第二弾として2016年12月に発売した「佐賀七賢人せんべい」(10枚入り:税込680円[税抜630円])佐賀玉屋本館地下、佐嘉神社記念館、佐賀大和・道の駅「そよかぜ館」、JR佐賀駅お土産売場、バルーンミュウジアム、諸富・橋の駅「ドロンパ」、早津江・三重津海軍所跡(佐野常民記念館)側「ホスムスカモス」他6か所にて販売しておりますので、佐賀のお土産品としてお買い求めください。また、子どもたちに人気のある大型缶バッジ「佐賀七賢人バッジ」(直径10p:税込450円)販売しています。

 

senbeiuCIMG1242.jpg

佐賀の皆さまへ

 これまで佐賀の活性化のため、佐賀県や佐賀市においては諸々の事業に取り組まれ一定の成果を上げられておりますが、佐賀市県民共有の財産である「佐賀の七賢人」については今ひとつ盛り上がりがなく、名前すら知らない市県民が沢山おられます。※今年の「肥前さが幕末維新博覧会」で名前が知られるようになったと思いますが・・・

【※17年9月7日佐賀新聞記載の佐賀市民500人(10代〜70代)を対象としたアンケートによると7人の全正答は10%、1人も知らない人は何と25%もいました。知名度の順番は@大隈重信A佐野常民B江藤新平C鍋島直正D副島種臣E島義勇F大木喬任の順です。私が約10年ぐらい前に調べたアンケートでは@は大隈重信A江藤新平B鍋島直正でCが佐野常民でした。やはり私が言っているように記念館の影響だと思います。市や県の財源でできるだけ早く江藤新平、副島種臣、島義勇、大木喬任の記念館を建設していただきたいと思います。※】

 佐賀市では世界規模のバルーンフェスタ(10月下旬〜11月上旬)や佐賀城下ひなまつり(2月中旬〜3月)、栄の国まつり(8月)などの行事が行なわれ活性化に繋がっておりますが、佐賀の偉人たちを佐賀市県民こぞって顕彰することが佐賀の活性化に必要ではないでしょうか。当社は、七賢人に新たな光を当て全国の方々にその偉業を知らしめると同時に、佐賀の子どもたちや若い世代に志と誇り、夢や希望を持たせ、郷土愛を育ませることを目的に七賢人の銅像(立像)建立など3事業に取り組んでいきます。佐賀の土産品として、また、財源確保と市県民に七賢人の偉業を知らしめる手段として佐賀のPR菓子第二弾「佐賀七賢人せんべい」(税込680円[税抜630円])佐賀玉屋本館地下、佐嘉神社記念館、、佐賀大和・道の駅「そよかぜ館」、JR佐賀駅お土産売場、バルーンミュウジアム、諸富・橋の駅「ドロンパ」、早津江・三重津海軍所跡(佐野常民記念館)側「ホスムスカモス」他6か所にて販売しております。また、子どもたちに人気のある大型缶バッジ「佐賀七賢人バッジ」(直径10p:税込450円)も販売していますのでこちらもお買い求めください。

「佐賀七賢人せんべい」は解説付きパッケージとせんべいの焼印にこだわったお菓子です。もちろんパリッとしたせんべいもグー。パッケージは教材付き小物入れとしてご利用ください。みんなで「佐賀七賢人せんべい」を食べて七賢人銅像を建てましょう!!

事業目的

佐賀七賢人の銅像(立像)建立

佐賀の象徴として、また、子どもたちに志と誇りを持たせ郷土愛を育む対象として、できればJR佐賀駅南口に鍋島直正公を中心(横並び)に七賢人の銅像(立像:等身大かもっと大きな立像)を建立する。

→ 「銅像建立」について詳しくはこちら

佐賀七賢人会館及び江藤新平等未建設記念館の建設

七賢人ファンの懇談の場や観光客に楽しんでいただく建物として、また、現在記念館のない江藤新平公、大木喬任(たかとう)公、副島種臣(たねおみ)公、島 義勇(よしたけ)公の記念館を建設する。

→ 「会館等建設」について詳しくはこちら

佐賀七賢人まつりの実施と定着

全国から七賢人のファンに集まっていただき、全国規模の「七賢人まつり」を実施し、佐賀を七賢人の町として活性化させ観光化を進める。皆さんは全国に七賢人のファンが沢山おられることをご存知ですか。8月5日、佐賀城下・栄の国まつりのパレードに「佐賀七賢人本舗と華の会」50名が新曲「佐賀七賢人音頭」を踊りながら参加しました(30年8月6日佐賀新聞19面に記事記載、23日読売新聞にも記載)。「まつり」に使用する「佐賀七賢人音頭」CD販売中・・直接、お申し込みください。

→ 「七賢人まつり」について詳しくはこちら

お土産品

senbeio.jpg 

「佐賀七賢人せんべい」のご紹介(1)

この写真は、パッケージ蓋(ふた)の表面です。鍋島直正公を中心に親しみの持てるキャラクターをイメージし七賢人のイラストを描いていただきました。名前札が付いているのですぐに覚えていただけると思います。佐賀限定こだわりのパッケージです

senbeiuCIMG1242.jpg 

「佐賀七賢人せんべい」のご紹介(2)

この写真は、パッケージの蓋(ふた)を開けた状態の写真です。蓋の裏面は左から七賢人の生まれの早い順に主な業績を紹介しています。せんべいはやや大き目で可愛いイラストの焼印入りです。パリッとした美味しい味に焼き上がっています。税込680円(税抜630円)

senbeiuCIMG1248.jpg 

「佐賀七賢人せんべい」のご紹介(3)

この写真は、パッケージ底面の写真です。七賢人ゆかりの場所や記念館などを紹介しています。幕末当時日本一の科学技術力を有していた佐賀藩の実力を知る佐賀城本丸歴史館大隈記念館佐野常民記念館、日本初の蒸気船が建造された佐賀藩三重津海軍所跡(平成27年7月世界遺産登録)など。

→ 「お土産品」について詳しくはこちら

お問合せ

当社についてお問い合わせ等ございましたら、お電話もしくはお問合せフォームよりお問合せください。

  • 会社について教えてほしい。
  • 3つの事業について教えてほしい。
  • お手伝いしたいがどうすればいいの?
  • 募金活動はどのようにしてするのですか?


お気軽にご連絡ください。

といったご質問でも構いません。

お問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

TEL : 0952-30-7810

受付時間:9:00〜19:00

→ お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る